Column

仏壇の処分・回収方法

はじめに

日本の歴史では、ご先祖供養や神仏を祀る場合など、仏壇を利用する文化があります。ご自宅にあるか無いかに関しては、それぞれ異なってきますが、代々受け継がれているご家庭もあるとのではないでしょうか。仏壇となると、もちろん、元より簡単に動かすようなものでもありませんから、中々の重量です。引っ越しや継承時、または遺品整理など・・何らかの理由で処分をしなければならなくなった時には、一体どういう形で処分するのが正解なのでしょうか?今回も調べてみました。

仏壇の処分・回収方法

  • 仏具店や菩提寺で引き取り依頼
    基本的には最も主流な処分方法です。また、処分する際には、きちんとした取り扱いが必要なので、諸々一括でご依頼することもできますし、もし新調する場合でも新しい仏壇についての相談も可能な為、最もスムーズな方法と言えます。
  • 自治体で回収してもらう
    仏壇の考え方として、仏具の収納という認識である場合や、既に仏壇からご供養等の対応を済ませている場合には、個人で処分してしまっても問題ありません。自治体で処分する場合は、粗大ゴミとして扱われます。事前に粗大ゴミ処理券や回収依頼の手配が必要となります。しかし、ご高齢世帯などの場合には、怪我などの点にも注意が必要なので、あまりおすすめはできません。
  • 不用品回収業者に依頼する
    大きな仏壇の場合、中々簡単に動かせませんし、あまり粗末に扱えるものでもありませんから、専門の業者へ依頼する方がスムーズに進みます。また、美品で価値があれば、買取りも同時に行っている業者を選ぶ事で出費だけでなく、有益も発生するのでメリットもあります。

まとめ

いかがでしょうか?実際、仏壇の処分は少しデリケートな部分もあります。しかし、住環境のスペースや継承者不在、などの点で処分が必要なシーンはあります。一番、ご本人やご先祖様、ご神仏にご負担のかからない方法を選択していただければと思います。また、もし不用品回収を必要とされる場合には、ぜひプレコファクトリーをご検討ください。関東広域での出張回収も行っており、追加オプションには30日間一時保管システムもありますので、ご希望あれば、お気軽にご相談下さい。

「不用品整理/買取・リサイクル商品販売」特設サイトへ

お役立ちコラム一覧へ戻る