Column

ベッドの処分・回収方法

はじめに

日々生活する上で、ベッドの存在は、とても大きいです。
もちろん、日本では布団で就寝するケースも多いですが、現代ではベッド使用率は高いといえます。
そんな中、引っ越しや、単身一人暮らしなどのタイミングで必ず訪れるのが、既に使用していた家具などの処分。
引っ越し先に一緒に持参するのも良いですが、新しく買い揃えるとなると大型のベッドの様なものは処理が大変です。
ましてや、一人世帯だったらば、力不足で持ち上がりもしません。
しかし、傷んでしまった寝具は体にも負担がかかり、せっかくの就寝を妨げる要因ともなります。
では、実際に処分する方法はどんなものがあるのでしょうか、いくつかご紹介します。

方法

  • 自治体に粗大ごみとして回収してもらう
    最も一般的ともいえる方法です。
    地域によっても異なりますが、事前に連絡をして収集日を予約する必要や、手数料券を購入して貼付する必要があります。
  • リサイクルショップに売る
    状態が良いもの、美品などは成立するかもしれませんが、古く、痛みが目立つようなものに関しては、買い取ってもらえない場合もあるというリスクがあります。
  • オークションなどで売る
    こちらも当然ながら、なかなか買取手が見つからず、全く売れずに、ずっと手元に残ることもあり得ます。
    引っ越し日までに、タイミングが合わなければ一大事です。
  • 不用品回収業者に回収依頼する
    業者へ事前に依頼し回収処分してもらうというパターンです。美品でなくても回収してもらえるメリットや、合わせて他の物も同時に回収してもらうなど臨機応変に対応してもらえますが、事前に金額の確認は必須だと言えます。
  • 買い替え時の販売店に引き取ってもらう
    新しくベッドを購入する際に販売店で古いものを回収してもらえるケースです。
    難しく考えずに、交換という流れで、シンプルですが、別途費用がかかる場合もある為、事前確認は必要ですし、当然のことながら、回収のみの対応はしてもらえません。

まとめ

粗大ごみやリサイクルショップなどに持っていくにしても一度は持ち上げなければなりません。一人や少人数での運搬は、かなり大変です。ご紹介した中で、不用品業者に買取依頼をご検討された方は、ぜひプレコファクトリーにご依頼ください。
回収してもらったけれど、やはり必要だった!という場合などにも対応可能な、回収した後も、30日間保管している一時保管サービスや、関東エリアでの広域への出張対応もしていますので、ぜひご検討ください。

「不用品整理/買取・リサイクル商品販売」特設サイトへ

お役立ちコラム一覧へ戻る