Column

タンスの処分・回収方法

はじめに

昔は嫁入り道具としても、親しまれていたタンスですが、最近ではプラスチックBOXなどの簡易的なものも増えてきました。とはいえ、まだまだ家具にこだわりがある方や、新居購入などで家具を揃える際など、昔ながらの木製ダンスを愛用される方は多いと思います。木製のタンスは湿気を吸収し、丈夫というメリットも多いですが、その分重量もある為、運搬などでは苦労することもあると思います。処分や新調をする際、皆さんは、どうしていますか?少しご紹介していきます。

処分・回収方法

  • 引っ越し業者に回収をお願いする
    引っ越しなどが伴う場合には、業者に依頼して処分をしてもらう方法が得策です。引っ越しのタイミングと合わせることで代金を安価に抑えることが可能。業者によっては無料で対応している場合もある為、事前に金額などの確認を行いましょう。
  • 粗大ごみとして処分
    自治体で粗大ごみとして回収してもらう方法です。小さいものなら数百円、大きくなると数千円など、サイズによって金額も異なってくるので少し注意が必要です。手軽な方法ではありますが、何より部屋から運び出すのが一苦労なので、あくまで人手があるということがポイントですね。
  • ネットなどで販売する
    デザインが珍しいものや良品は、比較的良い取引になります。タイミング次第な部分もあるので、引っ越し時や、新しい家具の搬入が迫っている場合には、あまりおすすめはできませんが、うまくいけば思っていたより高値で売れて良かった、という事になるかもしれません。
  • リサイクルショップに持っていく
    ただ、処分するだけより有益な方法です。持っていく、という手間を考えると、億劫になりがちかもしれませんが、店舗や業者によっては回収に来てくれることもあるので、事前に確認をしてから実行すると効率的です。
  • 不用品回収業者に依頼する
    確実に即時に処分したい場合には、おすすめの方法です。時間短縮はもちろん、運び出す労力なども軽減されるため、楽に手放したい場合には便利です。ただし、回収には費用が発生するので、事前にきちんと金額の確認は行いましょう。

まとめ

タンスを運搬することが可能か、しばらく自宅で保管する猶予があるか等を考慮しながら、ご自身の状況に合わせて一番良い選択をしてみてください。そして、不用品回収をお探しの際には、ぜひ当社にご相談ください。オプションの30日無料保管サービスをご利用いただけば、もし回収した後に、必要だった!なんてことがあったとしても、ご返還することが可能です。また、出張回収も行っていますので、お気軽にご相談ください。

「不用品整理/買取・リサイクル商品販売」特設サイトへ

お役立ちコラム一覧へ戻る